So-net無料ブログ作成

転職の履歴書の自己PRはこう書く [履歴書]






転職の際、まず考えるのが、履歴書ですよね。これは採用側ももちろん重要視しているので、手を抜くことはできません。

言わばあなたの「顔」と言っても過言ではないでしょう。

仮に面接前に応募選考があるのなら、その履歴書がすべてとなりますので、再就職先へのアピールのファーストステップです。

学歴や職歴、あなたがどのような人生経験を歩んできたのか、そしてそれを踏まえ自己PRも行い、その1枚にそれらを押し込まなければならないので、その点を理解し、しっかり書くように心がけてください。

ポイントとしては「寄せる」ということを意識してください。

「寄せる?」ですよね。ここでの「寄せる」はあなたの自己PR一辺倒にならず、採用を踏まえて記載するということです。

つまり履歴書を渡す先の企業に合うカラーの人材であるということへのアピールです。

となれば重要になってくるのが再就職先のリサーチです。

徹底的に採用してほしい企業のリサーチを行い、ある程度理解したなかで履歴書を記入しましょう。

もちろん、学歴や経歴など過去のことを記載する項目に変化はありませんが。自己PRは過去と未来を記載できる欄です。

そこにどれだけ「御社へ採用された際にはこんなメリットがあります」というものを盛り込めるかどうかです。

あと基本的な誤字脱字についても十分に注意しましょう。

これは基本です。転職の履歴書をパソコンで作成するという人もいますが、志望動機の部分だけは1社ごとに書きなおしましょう。

すべての企業が対象になるような無難な言葉を書く人も中にはいますが、それでは、企業にもばれてしまいますし熱意が伝わってきません。

すべての企業に向けの志望動機は避け、一社ごとに志望動機の部分は書き直しましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。