So-net無料ブログ作成
検索選択

転職時の履歴書を作成する時の注意点 [履歴書]

転職時に作成する履歴書は、新卒時のものとは書き方を変える必要があります。

社会人経験をまだ持っていない時代ならではの履歴書は、転職活動には全く向いていません。

自分が会社にとって有用な人物であることを、相手が納得する根拠を述べてアピールすることが、転職活動では重要になります。

やる気だけが高い中途採用者は、企業側にとっては求める人材とは程遠いものです。

会社が求める人物像に、自分がどれだけ合致しているかを相手に話せるかどうかが、転職活動を成功させるためには欠かせません。

転職するときに、自分の学生時代の就職活動を思い出して、同じように履歴書を書いて活動しようとする人がいます。

中途採用では、新卒ではなく社会人として見るので、学生とは異なる視点で人物を評価します。

転職活動時の履歴書では、その会社に採用されたら自分はどういう形で能力を生かせるかを記載してください。

もしも、会社が魅力的だと感じる資格を持っているなら、自己PRのところにもしっかり書いて、相手の印象に残るようにします。

自分が有用な人材であることを相手に納得してもらうためには、根拠は具体的で、わかりやすいものすることが理想的です。

会社にとって有益な人材であると思わせることができれば、転職活動はうまくいきます。

すべては履歴書から始まるので、しっかりと記載内容を考えてから記入するようにしましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

トラックバック 0