So-net無料ブログ作成

正しい言葉づかいを覚える [仕事に対しての考え方]

会社訪問や面接などでは、 敬語を使って話しましょう。

完璧な言葉づかいを求められ ているわけではありませんが、誤った用い方で相手を不快にさせるのは避けたいもの です。

主語となる相手や第三者を立てる「尊敬語」、主語とな る自がへりくだる「謙譲語」、丁寧な言い方をする「丁寧語」の違いを理解し、基本となる言葉を覚えておきまし ょう。

普段から自分の周りにいる年上の人に積極的に話しかけ、敬語を使う機会を増やすとよいと思います。

また、「わたし的には」「やばい」「ガチ」「マジ」などの学生言葉は、普段使っていると、つい口から出かねませんので気をつけましょう。
「お釣りのほう、お渡しします」 の「ほう」のような「バイト敬語」も避けましょう。
「恐れ入りますが」「差し支えなければ」といった「ク ッション言葉」は、覚えておくと、言いにくい内窓を伝える時に役に立ちます。

それでも、適切な言葉が思いつかず、まごついた際は、 相手に敬意を払おうとする態度を大切にして話しましょう。
多少誤った表現だとして も、相手への気配りが伝わり、 信頼関係を築くことができる と思います。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。