So-net無料ブログ作成

履歴書自己PRの書き方の基本 [履歴書]

履歴書における、自己PRは現在においては、こと企業はかなりの重要性をもってきました。

つまり、エントリーシートでの志望動機も含め、つまり作文をする力、この語学力をしっかり見ている会社が多くなっている傾向が強くなったということです。

まだ見ぬ就職を希望する企業が、すでに面接をおこなっていると考えてください。

この履歴書における自己PRが上手下手の書き方で、かなりの差がでてすでにその時点で、採用、不採用が確定されるといっても過言ではありません。

この履歴書における自己PRを上手、または下手な書き方と言いましたが、決して美文や美しい文書の書き方ということではなく、あなたの文書力を言っているのではありません。

履歴書の自己PRとはあくまでも今まであった素直な事実を書き込めばそれでいいのです。

企業側がそれに対して、当社に必用な経歴かどうか、この経歴や履歴の内容が本当であれば話を聞いて見たい、というふうな文面にしなければいけません。

もし本当のことを書いていないのであれば、面接や、それ以降の職場内で帳尻が合わなくなることも出てきますので、しっかりと本当のことを記載するようにしましょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。