So-net無料ブログ作成

自己PRは応募する会社によって変えることが必要 [履歴書]

転職したい会社のことをよく調べた上で、自己PRを作成することが重要です。

転職する時に作成する履歴書や職務経歴書には、必ず自己PRの欄があります。自己PRをどう答えるかは、面接試験の突破にもかかわります。

採用の可否を決める判断材料になるので、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

効果的な自己PRができれば、企業側も高く評価をしてくれて、この人を採用したいと思うようになるでしょう。

自己PRといっても、応募する会社とあまり関連のないことをアピールしたのでは、採用する側に興味を持ってもらうことはできません。

その会社が特に求めていない資格を持っていた場合、自己PRで資格取得者であることを主張しても無意味です。

例えば、未経験の新しい業種に転職しようという時には、これまでの経験から応募する会社が求めるスキルや人物像に当てはまる部分をピックアップする作業が必要になります。

どういう人物を採用したくて求人を出している会社なのかを読み取ることが、自己PRを決める際の鍵を握ります。

これまで経験した業界と同じ分野に転職しようという場合には、今までのキャリアを活かしたアピールをすることが大切になります。

まだ若いうちの転職活動は、十分な実績や経験を持っていないかもしれませんが、今後頑張る意欲を具体的に伝えることで自己PRにすることができます。

何度も自己PRの内容について深く掘り下げることで、きっと転職に成功して、希望する会社で働くことができるでしょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。