So-net無料ブログ作成

転職のための資格の取り方 [資格]

転職をする際には、新卒での就職と違い、他の人と差別化を図ることが大切であったり、何か特徴やメリットがなければ、スムーズに転職をするのは難しいと言われています。

そこで転職であなただけのカラーを見せるのに必要となってくるのが「資格」です。

転職の際には、色々と役立つ資格を持っていることで、転職率を上げることにつながります。

今まで経験してきた業界と全く別の業界に転職を希望するという場合には特に、キャリアや経験がありませんから、実践でどれだけ即戦力となるのかを計るうえでも資格が有利になります。

希望する仕事に貢献できるような視覚を取得することで転職がよりスムーズに進むということになります。

現在就業をし今後、転職を検討している、また現在仕事をしておらず、これから求職したいと思っている人は特に、役立つ資格の取得はかなり転職に有利になりますので、ぜひ取得することをお勧めします。

資格には様々なものがあり、どの業界に進み、どれが転職に有利な資格になるのかということも違ってきます。

まずは自分が転職したいと思っている転職先の業界で役立つ資格というのはどんな資格なのか、それをリサーチしてみましょう。

それを見つけて資格取得をした上で、転職活動を行うと、よりスムーズに採用への近道になる可能性が高まります。

転職で、先方のポイントが高いのは経験やキャリアなどは言うまでもありませんが、資格を持っているだけで、転職しやすい状況にもっていくことができますから、そのことをよく頭に入れた上で、転職活動を行うと全く内容が違ってきます。

まずはあなたにとって転職したい企業で何が不足しているのかリサーチし、それを踏まえたうえで補うべきスキル、役立つ資格は何なのか調べることから始めましょう。

スポンサーリンク




タグ:転職 資格

共通テーマ:求人・転職

就職に役立つ資格に挑戦しよう [資格]

履歴書を記入する際、「資格欄に書くものが ない」と、不安を覚えてることはありませんか。

新卒採用の場合、資格が選考の決め手になることは、ほとんど ありません。

企業が重視しているのは「人柄」や「潜在的な能力」だからです。

では、資格取得は全く無意味かというと、そんなことも ありません。

例えば、不動産 業界を目指す人が、土地売買などの専門知識が必要な「宅地建物取引士」の資格を持っ ていると、熱意や向上心があると思われ、面接でもアピールの材料になるでしょう。

一方で、取得した資格と志望する業界・職種の関係があいまいな場合は、かえってマイナス材料になるかもしれま せん。

どんな業界や職種に進んでも役に立つような資格もあります。

例えば、経理の基本である簿記に関する能力を認定する「簿記検定」や、ビジ ネスや社会で必要な英語力を 評価する「TOEIC」など がそれに該当します。

TOEICなら 650点以上を取っていると、企業に評価してもらえる と言われています。

試験で等級や点数が上がれば、誰でもうれしいと思いま すが、資格を取ること自体が目的化しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。