So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事の探し方 ブログトップ

転職の求人サイトは活用すべき [仕事の探し方]


転職の求人情報を探すなら、転職求人専門サイトを見るのがいいでしょう。

最近は転職をする人、希望する人もとても多いと言われていますから、転職求人サイトなどもとても数が増えています。

転職求人サイトを見てみると求人情報はもちろんのこと、履歴書や職務経歴書の書き方、面接でのマナーや身だしなみなどまで掲載されているようなサイトまであり、求人情報以外にも転職に役に立つようなことが掲載されているので情報という点においても利便性が高いです。

転職求人サイトでは、自分に合った求人先を探すために適性テストなどを行っているサイトもあり、適性テストを行っているところで一度自分にマッチした職種を判定してもらったうえで、その結果を登録しておけば、転職の求人が新たに入った場合にメールで知らせてくれるというサービスを行っているところもあります。

自分の仕事の適性に自信がない場合や判断ができない場合などは利用してみる価値はあります。

転職の求人は条件や資格が書かれていることもありますので、誰でも応募できるというものでもなく、ましてや就職活動に比べると意外と難しいと言われていますので、転職の求人情報を探すなら、まずは、転職サイトの会員に登録してから、支援してもらいながら求人情報を探してみると、意外とスムーズに見つかるかもしれませんね。

転職の求人情報誌も販売されていますが、印刷から発行、店頭に並ぶまでのことを考えるとリアルタイムに情報収集をするインターネットを利用して探した方がお得だと思いますから、お勧めです。

転職の求人数は最近減りつつありますが、それに反比例するかのように転職希望者はとても増えています。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職サイトを最大限に利用する [仕事の探し方]

転職サイトは今とても増えています。インターネット上で転職サイトと検索を入れると、さまざまな転職サイトがヒットします。

それだけ今の時代は転職をしたいと思っている人や、転職希望者が多いということがわかるのではないでしょうか。

転職サイトでは具体的にはどのような情報収集をすることができるのかと言うと、転職に役立つ情報として転職の求人情報を見ることができるというのはもちろんのこと、他にも、転職の際の履歴書の書き方や、転職の際の志望動機、前の仕事を辞めた理由について、そして転職の面接についてなど、さまざまな転職に関する情報を掲載していますから、情報収集をしたいと思っている人はとても参考になるのではないでしょうか。

転職サイトの中には、自分が機能するような転職先の求人情報が出れば、メールで連絡してくれるという機能を持っているところもありますのでお勧めです。

就職サイトでは場合によっては未公開求人なども掲載されていて、まだ一般には公開されていないような求人を、一早く見ることができるというメリットもありますので、便利です。

転職というのは、就職と違って、意外と一人で活動をするのは難しい面も多々出てくると思いますから、その場合に慌てないためにも、転職サイトのお世話になって、色々と情報収集をしてもらったり、転職をサポートしてもらうというのはとてもメリットが大きいと思います。

一人での転職はなかなか大変ですから、無料で利用できる転職サイトを最大限利用して、スムーズに転職できるといいですね。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

あなたにとって職種は何が向いているのか考えましょう [仕事の探し方]

これから新社会人として職種は何が向いているのか、考えてみましょう。

企業は、社員がいろいろな仕事を分担し、きちんとやり遂げることで成り立っています。

例えば、メーカーでも、すベての社員が製品を作っているわけではありません。

製造や新商品の企画、研究開発といった「モノをつくる」仕事、 営業や宣伝といった「モノを売る」仕事、人事や経理といった「会社を管理する」仕事などに分かれます。

このように企業には多様な仕事があるので、どんな仕事が自分に向いているのか、検討しておく作業が欠かせません。

自己分析を通じて分かってきた自分の強みや関心など と、それぞれの仕事で求められる能力を照らし合わせなが ら、入社して就きたい仕事を明確にしていきましょう。

百貨店で商品を仕入れるバイヤーの仕事や、メー力ーで 新商品を企画する仕事などは人気があるので、入社しても すぐに担当できるとは限りません。

配属された職場で仕事の基本を身につけ、実績を上げながら、希望する職場への異動をアピールし続けることが大切です。

また、採用の際「販売職」 や「研究開発職」など、職種別に募集する企業もあります。

同じ名称でも、具体的な仕事の内容は企業によって異なる場合があります。

応募にしっかり確認することを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

高校2年生の17歳は深夜にアルバイトをできるのか? [仕事の探し方]

Q.現在高校2年の17歳。土曜だけ時給の高い深夜にアルバイトをしたい場合できるのでしょうか?


これについては深夜(22時から翌5時)は健康や腹事情の観点から、18歳未満の年少者を労働させることが原則として認められていません。

たとえ本人や両親の同意があっても、1部例外を除いて深夜にアルバイトをすることはできないのです。

また18歳未満の者の労働時間は、一定の条件を満たす例外を除き、1日8時間週40時間以内と決まっています。

スポンサーリンク




原則として、高校生を含む18歳未満は午前22時から翌朝の5時までは働くことができません。

時給の高さに、真夜中に働くことでたくさんの収入が得られるので、魅力的に感じることがるかもしれません。

しかし、法律ではこのように定められています。

労働基準法第61条

使用者は、満18歳に満たない者を午後10時から午前5時までの間において使用してはならない。ただし、交替制によつて使用する満16歳以上の男性については、この限りでない。


16歳以上の男性が災害や緊急事態、農林水産業、衛生、電話交換などの特殊な状況下でシフト制での場合は例外としては高校生は真夜中に働くことができます。

テレビなどでも生放送の場合、18歳未満のアイドルが22時以降出演しなくなるのも、この労働基準法に従っているからです。

それでも、例外的に働きたいという理由などがあるのであれば、労働基準監督署のホームページから質問してみましょう。

スポンサーリンク





トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

日経就職ナビを就活で利用しよう [仕事の探し方]

日経就職ナビが就職活動で利用できます。

日経就職ナビとは、就職活動をしている学生を対象とした就職に役立つ様々な情報を掲載しているサイトです。

日経就職ナビを利用することで、就職に役立つ情報を自分で収集することができます。

もちろん、いろいろな企業の求人情報や、エントリー、説明会、セミナーなどの応募も日経就職ナビのサイトで受付けているのでとても便利です。

日経雇用ナビは、あなたが探している会社を選ぶこと、つまりマッチング機能をもつサイトでもあります。

会員登録の必要がありますが、ログイン後に入力や閲覧をしたか会社と類似する会社を探しだし、紹介してくれる機能です。

そして、日経就職ナビの最大のメリットは、会社の現在の状況を確認することがきるという点です。


希望する会社のスタッフブログや実際の会社の写真も掲載されているので社風などを気にされる方にとっては非常に便利なサイトと言えます。

また日経就職ナビは、就活中の人たちで意見交換をするコミュニティーもあり生の声を集めるという観点からも非常に有効です。

就職活動支援という観点から、無料の会員登録でここまでのことができる日経就職ナビを使い倒し、あなたが希望する就職ができるようにしましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

2ちゃんねるを就職活動に利用するには [仕事の探し方]

国内最大と呼ばれる掲示板「2ちゃんねる」

様々なジャンルや事象について気軽に誰でも自由に書くことができ、様々な情報交換がされているサイトです。

色々と問題も多い2ちゃんねるですが、就職活動中に情報収集の場として2ちゃんねるを使用する人が驚くほど多く存在すると言われています。

2ちゃんねるは実際に採用する各社の人事部の人たちをチェックするという噂もあるので、驚くほど信頼できる情報があるかもしれませんね。

2ちゃんねるは誰でも匿名で書くことができる掲示板なので、誰が何を書いているのかを特定することはなかなか難しいというリスクがある反面でそれでも内部でしか知ることのできない特定の情報などもあったりすることもあるので情報収集の手段の1つとして就活に利用されているという背景があります。

例えばあなたがA社の就職活動を面接やOB訪問など様々な活動をする場合、実際にA社に対して就職活動をした人に注意すべきポイントなどを聴いたりするような利用方法です。

信憑性の高い情報や虚偽、役に立たない情報など一つの会社に対しても様々な情報が飛び交っています。

情報を見分ける力、情報リテラシーがあるのであれば、2ちゃんねるを有効活用するという方法も、就職活動の方法であると知っておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク





トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職活動時にコンサルを活用する方法 [仕事の探し方]

最近は転職が一般的になって、将来のためにも転職をしたいと思っている人が多くなっています。

転職に関する情報の収集や転職に必要な準備をすべて自分で行うには、時間や手間がかかるだけでなく、満足な結果を得られない場合もあります。

自分の望む転職を効率よく行いたいのであれば、転職を支援してくれるコンサルに頼る方法がおすすめです。

自分1人で物事を見極めようとすると、どうしても偏ったものの見方になりますし、正しい見立てができているとは言い切れません。

無事に採用が決まり、仕事をしてみたら期待していた仕事のやり方ではなかったり、不満点が見つかったりもします。

雇用されてからでないとわからない話を、事前にキャッチしたいと思っても、うまくいきません。

事前に、応募したい会社について就職支援会社で聞いてみることで、独力ではわからない情報が得られます。

直接応募する時には不可能なことでも、事前に確認することが出来るので、より自分の理想である会社に転職できる可能性が高まります。

転職の条件を事前に伝えておくことで、適した仕事が見つかれば、コンサルの方から紹介してくれるのもメリットです。

ここ数ヶ月で就職活動を始めた人よりも、この道何年という就職支援のベテランが集めたデータのほうが役立つ場合もあります。

事前に集めた情報の精度がどれだけ高くても、やはり見落としや目算違いというものは生じますので、独力で就職活動を最後までやることは難しいものです。

満足度の高い就職活動を行うためにも、自分でやることにこだわるよりも、状況に応じてプロの手を借りるようにすることは、いい方法といえるでしょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職ナビの就活活用術 [仕事の探し方]

就職ナビといえば、リクルートの就職ナビが一番有名ですが、それ以外にも日経の就職ナビなども有名です。

実は「就職ナビ」と名前を持つさまざまなサイトがあります。

リクルートの就職ナビはリクナビと言われているし、マイナビと言えば、あなたに合致する就職先を探すことができるサイトして定評を受けています。

求人活動に役立つ情報がいろいろな形で掲載されているのでお勧めします。

これからあなたが仕事を探す立場であるのなら、異業種などにいく場合なども含めさまざまな雇用に関する情報を収集する必要があります。

採用情報や企業のホームページなどをインターネットサイトを情報の収集源とし、無料のサポート情報なども掲載されることもあるので、やはり就職活動でのネットの利用はもはや必須とも言えます。


就職ナビを使うことで、あなたにあなたにとって有利な点などを吸収することもでき、またあなたのデメリットなどもあなた自身が理解できるようになれます。

基本的に就職ナビは無料会員登録で利用することができます。

就職が決まってもお支払いする必要がありません。

利用者側の立場では費用面でのリスクは無いので敷居も高くなく気軽に相談できるので、不安が多い就職活動のパートナー的役割を果たしてくれます。

面接スキルの書き方や就職ナビの動機づけの書かれた履歴書など、重要となる一つ一つのアクションに対してさまざまな専門分野を教えるサイトなどもあるので、サイトを見るとたくさんのことを学ぶと思います。

モバイル版にも対応しているので、電車などでの移動時などにも確認することができます。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職率と就職内定率でリサーチ [仕事の探し方]

「就職率」と言われあなたはどのようなことを想像しますか?

今まさに就職活動している人たちは「就職率」と言う言葉に敏感に反応してしまうのではないでしょうか。

まずその就職率の導き方についてご紹介します。
就職率は就職が決まった人の数を卒業した人の数で割るのが就職率の導き方です。

就職率=就職が決まった人÷卒業した人

これは大学や専門学校などは発表するのが一般的です。

高校卒業する生徒たちに対し大学や専門学校を選ぶ際の1つの目安として確認されることが多い指標の1つです。

また就職率と同じように使われる言葉として「就職内定率」という言葉もよく使われます。

就職内定率と言うのは就職をしたいと思っている人のうちどれだけの人が実際に内定をもらうことができたのかということを就職内定率といいます。

就職内定率=実際に内定をもらうことができた人 ÷就職をしたいと思っている人

大学のパンフレットには就職率、就職内定率ともに100%とうたう大学もあります。

これは就職希望者はすべて内定をもらって就職したことになります。

つまりこの指標をもとに大学を選べば先輩たちが希望する就職先にしっかり就職できているということになるので、大学としても宣伝効果を含めうたうのはこのためです。

就職活動は景気に大きく左右されますが、こういった指標をうまく利用し希望の就職先に就職できるよう、リサーチしていきましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

みんなの就職活動日記の使い方 [仕事の探し方]



「みんなの就職活動日記」というサイトをご存知でしょうか?

「みんなの就職活動日記」は就職活動を行っている人の情報交換の場として利用される掲示板サイトです。

実際の就職活動者が使いやすい利点としては匿名で書き込みができると言うことです。

そのため就職活動について様々な意見を本音で書かれているので、参考となる意見も様々あります。

もちろんその情報についての信憑性なども、掲示板と言うことなので企業のオフィシャルでない情報も含まれていると言うこともあります。

ですので、よく比較として名前が挙がるのが「2ちゃんねる」です。

真面目に就職活動に取り組む人たちが集まって情報交換を行うのが「みんなの就職活動日記」に対して、程度の低い質問や信憑性の低い書き込みなどが行われていると言うのが「2ちゃんねる」と言うのは比較する部分であったのですが最近では「みんなの就職活動日記」も2ちゃんねる化している傾向にあります。

どちらにも言えることとして、情報収集の際はすべてのことを真に受けず利用すると言った方法が正しい使い方です。

そしてもう一つの使い方があります。

それは「みんなの就職活動日記」「2ちゃんねる」はその企業の人事が読んでいる可能性があるということです。

つまりこのようなサイトの情報をうまく利用しようとして面接などで話をしても、人事の人がすべてお見通し、などと言うことも想定はされます。

ですのでもう一つの使い方としては、あえてその情報を利用しないと言うことです。

掲示板や2ちゃんねるなどに掲載されている情報をあえて利用しないことで多少なりとも面接のイニシアチブは取れるのではないでしょうか。

逆の利用方法として考えるのも1つの方法です。

就職活動いわば自分との戦いです。

ネットの情報をうまく自分で利用して、就職活動に取り組みましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
仕事の探し方 ブログトップ