So-net無料ブログ作成
履歴書 ブログトップ

自己PRは応募する会社によって変えることが必要 [履歴書]

転職したい会社のことをよく調べた上で、自己PRを作成することが重要です。

転職する時に作成する履歴書や職務経歴書には、必ず自己PRの欄があります。自己PRをどう答えるかは、面接試験の突破にもかかわります。

採用の可否を決める判断材料になるので、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

効果的な自己PRができれば、企業側も高く評価をしてくれて、この人を採用したいと思うようになるでしょう。

自己PRといっても、応募する会社とあまり関連のないことをアピールしたのでは、採用する側に興味を持ってもらうことはできません。

その会社が特に求めていない資格を持っていた場合、自己PRで資格取得者であることを主張しても無意味です。

例えば、未経験の新しい業種に転職しようという時には、これまでの経験から応募する会社が求めるスキルや人物像に当てはまる部分をピックアップする作業が必要になります。

どういう人物を採用したくて求人を出している会社なのかを読み取ることが、自己PRを決める際の鍵を握ります。

これまで経験した業界と同じ分野に転職しようという場合には、今までのキャリアを活かしたアピールをすることが大切になります。

まだ若いうちの転職活動は、十分な実績や経験を持っていないかもしれませんが、今後頑張る意欲を具体的に伝えることで自己PRにすることができます。

何度も自己PRの内容について深く掘り下げることで、きっと転職に成功して、希望する会社で働くことができるでしょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書の書き方の基本 [履歴書]

●履歴書を書くときに、鉛筆は論外

履歴書を書くときの筆記用具は、鉛筆はNGです。

最近ではフリクションボール(いわゆる水性のボールペン)なども利用される方がいますが、こちらもNGです。

一般的には黒のボールペン、できれば、黒の万年筆がオススメです。

そのほうが上品に見えるうえ、書き損じが 許されないので、それだけ手間と注意ほ払ってその履歴書を書いたのかが伝 わってくるからです。

履歴書全体の印象もよくなりますしね。


●履歴書は楷書で丁寧に書く

当たり前ですが、文字は丁寧に書くほうが印象がいいですよね。

丸文字や、クセ字に注意して、たとえヘタクソでも、
一生懸命丁寧に書いたんだ、ってことが伝わればOKです。

人の気持ちは、文字に現れると言いますし、履歴書だったら、それは履歴書の内容意外で勝負できる部分ですね。

●履歴書の文体は丁寧語で

履歴書の文章の最後の部分は「ます。」「です。」で終わるような丁寧な書き方がベストです。

そうかといって、「~そうろう。」とか、
「~ 申し上げまする。」これは極端な例ですが、謙譲語や尊敬語は避けたほうがいいでし ょう。

読んだ人が違和感を感じない履歴書を目指しましょう。


●年月日は、「昭和」や「平成」で統一

履歴書では、西暦ではなく、
「昭和」や「平成」といった日本の年号を使うのが一般的です。

こればかりは、習慣なので従うようにしてください。

外資系では異なる場合がありますが、国内の会社に入ったら、履歴書と同様にこういう年号の形式で書類を作成することが多いです。


●修正液(修正テープ)は使わない

履歴書で修正液を使うのはNGです。

履歴書は会社に提出する正式な書類です。

入社後もずっと残りますし、昇給の査定の際にも参考にされたりすることもあります。

また、応募の多い企業では、修正液があるだけで履歴書を読まずに落とすところもあるそうです。


●履歴書では空欄を残さない

履歴書の項目を全部書くのゼッタイです。

「面倒」、「書いたら不利」これらの理由は人間性はもとより相手にバレています。

印象が悪いのはもちろん、真剣さが足りないと思われたり、軽率だと思われたりします。

社会人として欠落しているとも捉えられかねません。

仮に面接まで行ったとしても、空欄の部分は必ず質問されます。もし、それを想定して回答を用意するのであれば、書いたほうが楽です。

履歴書の空欄はゼッタイやめましょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書 自己PR 書き方とチョットしたコツ [履歴書]

履歴書の自己PRに限らず、よく面接でもある話しとして、自己PRと自画自賛を取り違えている方が散見されます。

面接での自己PRと自画自賛については、特に話し言葉では相手が見えますから、より一層この違いが解りますが、こと履歴書においても大体は自己PRなのか自画自賛なのかは読みとれます。

つまり自分が自分自身を褒める書き方があります、例えば「私の努力で○○事が解決するようなことがありました」と言った書き方があったとすれば、事実なのか?、裏付けは?となりますが、こと第三者からのお褒めの言葉をいただいたような文書「○○賞を平成○○年に受賞」とか「あの○○さんからお褒めの言葉を頂戴した」ような、第三者からの言葉を文書化してください、自画自賛と思われる文書ほど読みたくないし、聞きたくもないものです。


また、履歴書書き方のコツとしては、形容詞をさけ、具体的な表現に徹するべきです。

たとえば、「前社においては営業中心にした仕事が多く」・・・等ではなく、「○○会社では関東特に千葉方面に隣接する、住宅地での○○のマーケットをつぶさに調べることにより、従来の売上げを2倍近く達成することができました、これも発想の転換がうまくいった例です」。

このようにに業界が違っていても具体性と実績などを数値化、定量的に記載することは、どの業界でも考え方は一緒ですから、しっかりとした履歴書PR例文を作成するよう心がけましょう。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

履歴書自己PR 例文を書くポイント [履歴書]


自己履歴を書く前に、昔から言われている格言がありますが『敵と戦うには、敵を知り、そして己の技量をするべし』とあります。

この場合の『敵』とは言わずとも就職先になります。

ということは、敵を知らず無謀な攻撃を仕掛けたとしても勝てることは出来ない、となれば、その会社をとことんとまでは言えなくとも徹底的に調べる。

そして知識としてはその企業ならびに業界の良いところと悪いところを知識として詰め込む。

もちろんこれは、就職先の企業とあなたの過去の経歴に接点があるかどうかです。

つまり、これこれの技術を習得しており、御社に貢献できるでしょう。

または、技術面だけではなく、マーケット論やスピーチ面での特技といったふうにその会社との接点を必ず見つけることが大事です。

リサーチの手だてとしては、このようなネットでの検索、また近くや友人がいれば聞いてみる、こと業界となればどんなふうにしても探し出せるでしょうから、きっちり調べ上げてください。

その業界と違う理解不能な自己PRをしてひんしゅくを買うことは避けたいものです。

また重要なことは知識と実績はこの場合比例しませんので、履歴書の書き方はあくまでもその分野に強い関心を持っている、すでに経験した、実績がある、そういった新しい分野を自分なりに開拓したい、そういった前向きの姿勢が企業側で求めていますので、自分の過去の実績と経験がどれほど、今度の会社に役立つかをしっかり書いてみてください。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書自己PRの書き方の基本 [履歴書]

履歴書における、自己PRは現在においては、こと企業はかなりの重要性をもってきました。

つまり、エントリーシートでの志望動機も含め、つまり作文をする力、この語学力をしっかり見ている会社が多くなっている傾向が強くなったということです。

まだ見ぬ就職を希望する企業が、すでに面接をおこなっていると考えてください。

この履歴書における自己PRが上手下手の書き方で、かなりの差がでてすでにその時点で、採用、不採用が確定されるといっても過言ではありません。

この履歴書における自己PRを上手、または下手な書き方と言いましたが、決して美文や美しい文書の書き方ということではなく、あなたの文書力を言っているのではありません。

履歴書の自己PRとはあくまでも今まであった素直な事実を書き込めばそれでいいのです。

企業側がそれに対して、当社に必用な経歴かどうか、この経歴や履歴の内容が本当であれば話を聞いて見たい、というふうな文面にしなければいけません。

もし本当のことを書いていないのであれば、面接や、それ以降の職場内で帳尻が合わなくなることも出てきますので、しっかりと本当のことを記載するようにしましょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

転職時の履歴書を作成する時の注意点 [履歴書]

転職時に作成する履歴書は、新卒時のものとは書き方を変える必要があります。

社会人経験をまだ持っていない時代ならではの履歴書は、転職活動には全く向いていません。

自分が会社にとって有用な人物であることを、相手が納得する根拠を述べてアピールすることが、転職活動では重要になります。

やる気だけが高い中途採用者は、企業側にとっては求める人材とは程遠いものです。

会社が求める人物像に、自分がどれだけ合致しているかを相手に話せるかどうかが、転職活動を成功させるためには欠かせません。

転職するときに、自分の学生時代の就職活動を思い出して、同じように履歴書を書いて活動しようとする人がいます。

中途採用では、新卒ではなく社会人として見るので、学生とは異なる視点で人物を評価します。

転職活動時の履歴書では、その会社に採用されたら自分はどういう形で能力を生かせるかを記載してください。

もしも、会社が魅力的だと感じる資格を持っているなら、自己PRのところにもしっかり書いて、相手の印象に残るようにします。

自分が有用な人材であることを相手に納得してもらうためには、根拠は具体的で、わかりやすいものすることが理想的です。

会社にとって有益な人材であると思わせることができれば、転職活動はうまくいきます。

すべては履歴書から始まるので、しっかりと記載内容を考えてから記入するようにしましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職時に役立つ履歴書の書き方について [履歴書]

納得のいく転職活動をするためには、履歴書には何を書くといいでしょう。

転職活動をクリアするための最初の関門は、履歴書の作成です。

人当たりがよく、能力が高い人でも、履歴書を書きそこなうと転職はうまくいきません。

せっかく面接の準備までしても、履歴書による選考で外されてしまうことがあります。

履歴書に目を通した人に、この人物と話をしてみたいという印象を与えるようなものが理想です。

転職を繰り返している人の履歴書は、今回も長く続かないのではと警戒されます。

履歴書は書かれていることが全てであり、面接の時のように解説を加えたりできません。

様々な職場を経験したことで知見を積んでいることを、プラスに印象づけるように、志望動機の欄などを工夫しましょう。

これまでの行動をトータルで振り返ったときに、何ができ上がったかを書くようにします。

肯定的な姿勢で、志望動機を書くことが重要になります。

転職活動では、履歴書だけでなく、職務経歴書も作成することがあります。

様々な仕事を渡り歩いてきた人でも、現在の実績や経験につながることになれば問題ありません。

転職活動を成功させるためには、履歴書の内容をよく吟味して、相手を納得させられるものにすることです。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

不採用時の、先方の履歴書保管方法 [履歴書]

応募の際に送付した履歴書、不採用だった場合もずっと先方に保管されるの?

不採用時の先方の履歴書の保管方法には特にルールはありません。

応募者の履歴書は「個人情報」でもあるので、企業では慎重に取り扱われます。

不採用だった場合には、応募者に返却されるか、もしくは一定期間保管した後、廃棄されるのが一般的ですが、特に返却や破棄をしなければならないと言う法律があるわけではありません。

気になる場合は、その会社がどのような対応しているのか確認し、返却を希望する場合は人事担当者に相談をしてください。

もちろん応募に際して知り得た情報を、本人の許可なく第三者に開示することは禁じられています。

また事前に不採用の際の履歴書や職務経歴書などの扱いについては返却はしないという事を先に謳っている場合もありますので、募集の書面についても確かめるようにしましょう。

あまり不採用の話しばかりも面白くありませんよね。

まずは不採用のことばかり考えず、採用されるにはどのようにすれば良いか、前向きに考えていきましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職時には履歴書の書き方が重要 [履歴書]

転職活動をスムーズに行うためには、履歴書の作成が大事になります。履歴書には志望動機の項目があり、特に書き方に工夫が必要です。履歴書の書き方の文例がネットや書物などにも載っていますが、それをまる写しにしていては、本当の自分の意志や意欲を伝えることはできません。ベースはサンプルの文章を用いるとしても、細かいところは自分なりの言い回しをすることが大事です。

自己アピール文では、これまでの仕事経験を相手に伝えるという方法もあります。

せっかく身につけたスキルなので、それを売りにするのは良い方法です。

これまで仕事を通じて得たことが、今後、違う仕事をしていても、活かせることは多々あるものです。

今後の仕事に効果的なことをしつつ、過去の自分がしてきたものの中で使えるものをピックアップします。

職業訓練校で学ぶこともできますし、専門学校や通信講座などで学ぶこともできます。

自分にできることを相手に伝えるために、履歴書に資格を欠くことは手っ取り早い方法です。

書類に書かれた技術や資格だけでは訴求力としては足りませんので、最終的なモチベーションを伝えるようにしましょう。

仕事に対するやる気を上手く履歴書によって表現できれば、書類選考に通る確率が高くなります。

転職活動を成功させるためには、まず履歴書をきちんと書いて、書類選考を突破できるようにしましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職の履歴書の自己PRはこう書く [履歴書]






転職の際、まず考えるのが、履歴書ですよね。これは採用側ももちろん重要視しているので、手を抜くことはできません。

言わばあなたの「顔」と言っても過言ではないでしょう。

仮に面接前に応募選考があるのなら、その履歴書がすべてとなりますので、再就職先へのアピールのファーストステップです。

学歴や職歴、あなたがどのような人生経験を歩んできたのか、そしてそれを踏まえ自己PRも行い、その1枚にそれらを押し込まなければならないので、その点を理解し、しっかり書くように心がけてください。

ポイントとしては「寄せる」ということを意識してください。

「寄せる?」ですよね。ここでの「寄せる」はあなたの自己PR一辺倒にならず、採用を踏まえて記載するということです。

つまり履歴書を渡す先の企業に合うカラーの人材であるということへのアピールです。

となれば重要になってくるのが再就職先のリサーチです。

徹底的に採用してほしい企業のリサーチを行い、ある程度理解したなかで履歴書を記入しましょう。

もちろん、学歴や経歴など過去のことを記載する項目に変化はありませんが。自己PRは過去と未来を記載できる欄です。

そこにどれだけ「御社へ採用された際にはこんなメリットがあります」というものを盛り込めるかどうかです。

あと基本的な誤字脱字についても十分に注意しましょう。

これは基本です。転職の履歴書をパソコンで作成するという人もいますが、志望動機の部分だけは1社ごとに書きなおしましょう。

すべての企業が対象になるような無難な言葉を書く人も中にはいますが、それでは、企業にもばれてしまいますし熱意が伝わってきません。

すべての企業に向けの志望動機は避け、一社ごとに志望動機の部分は書き直しましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
履歴書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。