So-net無料ブログ作成
就職活動 ブログトップ
前の10件 | -

転職活動ならエンジャパンがおすすめ! [就職活動]

転職活動を行うなら、エンジャパンを利用するのがお勧めです。

転職サイトとして、転職を経験している人が選んだ転職サイトのナンバー1に選ばれたのがエンジャパンです。

求人情報については100%独自の取材で掲載していますし、エンジャパンの専任スタッフがいるので、サポート体制もかなり充実しています。

転職活動というのはなかなか一人で進めていくのは難しいという特徴がありますが、エンジャパンで支援を受けながらサポートしてもらって色々と役立つ情報を収集すれば、転職がスムーズに進むのではないでしょうか。

まずは無料の会員登録から行いましょう。

無料の会員登録をすれば、マイページが作れるのですが、マイページを作ることでより転職活動がスムーズに出来るようになります。

というのも、会員登録をすれば、自分だけの専用ページを作ってもらえますし、新着で転職求人情報が入ればメールで知らせてくれます。

また企業からのスカウトの機能など、色々と転職に役に立つサポートやサービスを受けることが可能です。

なかなか一人で進めることが難しかった転職活動も、エンジャパンを上手に利用しながら行えば、よりスムーズに転職への道を進むことができるのではないでしょうか。

転職経験者の体験レポートや、転職の虎の巻、スカウトについてなど、さまざまなことを掲載していますから、転職をする人にとっては、とても役に立つ情報がたくさん掲載されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性の転職の基本的な考え方 [就職活動]

転職と言えば男性というイメージを持っている人も中にはいるかもしれないのですが、実際には女性でも転職を考えている人というのは沢山いると言われています。

転職をしたいと思っている女性にぴったりなのが、女性だけの求人情報を集めた転職サイトなどがとても便利です。

やはり男性の転職とは少し違った面を持っている女性の転職ですから、それに対応できる支援を行ってくれるサイトが便利だと思います。

女性のための女性の転職を目的としている転職サイトは色々とありますので、利用してみると便利です。

女性の転職としては専門の転職情報誌なども販売されており、とらばーゆなどを利用して転職を考えている人も多いと思いますが、やはり転職には、女性にあったものを掲載している情報誌や情報サイトを利用するというのが一番ではないでしょうか。

今女性の転職で一番多いパターンというのが、キャリアアップのための転職です。

昔の日本ではあり得なかったことかもしれませんが、女性がキャリアアップのために転職をするというケースも増えています。

キャリアアップできる環境への転職、女性を対象にしているところを普通の一般の転職サイトで探すのはやはり大変ですから、その点を考えてみても、女性専用の転職サイトというのはとても役に立つのではないでしょうか。

実際利用している女性は沢山いると言われていて、情報交換ができるコミュニティーなども立ちあがっているというケースもありますから、色々あります。

スポンサーリンク




タグ:転職 女性
トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職説明会に参加しましょう! [就職活動]

就職説明会は、就職活動をしている多くの人が経験をしたことがあるのではないでしょうか。

就職活動に参加している人が多くいますが、就職説明会はさまざまな形で行われています。

例えば、就職説明会の場所でエントリーシートを書く質問スタイルのような形式があります。

エントリーシートには、自己PRや動機づけを書いていきます。

時にはあなたが興味を持っているもの、あるいはあなたが熱心に夢中になれたものなど書くものも。

そして、面談会場にてエントリーシートを書くことができれば、提出。

エントリーシートを用いて面接を行うため、インタラクティブにスムーズかつ注意深く書く必要があります。

事前に就職説明会に行く前に、書くことをまとめたら、会場で落ち着いて進めることができます。

エントリーシートを作成した後、各社から雇用説明を受け取ります。

説明会では、要点をメモして仕事内容などをしっかりと把握しましょう。

あなたが希望する仕事の説明会ですから情報を収集し、さまざまなことを吸収して家に帰る必要があります。

一部の企業では、就職説明会のおわりに次の選考についての発表する希望もあるので、最後までしっかり聞き情報収集に努めましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職セミナーに参加したほうが良い理由 [就職活動]

就職活動をしている人は、就職セミナーに積極的に参加してみてはいかかがでしょうか。

就職セミナーでは、さまざまなブースがあり就職先を探す人に会社説明するために、多くの企業の人々が会場に集まってくる個別のセミナーだからです。

つまり就職セミナーに参加することで、あなたが希望する企業の人事部の人と直接質問などができるので、この機会を逃さない手はありません。

企業は就職セミナーの会場に多数のブースを設置しています。

各会社にエントリーし、各社の人事採用担当者の話しを一気に聞く機会であり、いわば一社ごと会社訪問する労力を考えれば、効率的です。また人事部の人々と関わる良い機会です。

もし、就職セミナー興味を持ち参加したいと考えた場合は、まずあながたがどのような会社に興味があるのか、いったん考えをまとめてから行動しましょう。

いろんな話しを聞いてみたいという気持ちもわからなくありませんが、興味ある会社、希望する会社というものがわからないまま参加するとあなたの軸がブレるからです。

そのうえで次にセミナーの開催場所を確認し、どういった会社がブースを設置しているのかをリサーチした上で、参加をしましょう。

さらに聞きたい内容を書き留めておけば、スムーズに話を進めることができるので、効果的に時間を使うことができます。

就職セミナーに参加することで、さまざまな有益な情報を収集できるので、ぜひ参加してみましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ネット情報はほどほどに。賢く就活に利用 [就職活動]

大学生向けの就職情報サイ トには、数多くの企業に関す る情報が掲載されています。

検索機能を使えば、自分の興 昧や希望条件に含った企業を 探し出せるので便利です。

3年生の初夏ごろに開設さ れると、客社のインターンシップ(就業体験)募集の情報が載ります。

翌年春に会社説 明会が解禁になると、求人情報がアップされ、志望企業への応募などもできるようになります。

一つのサイトにあらゆる企業の情報が載っているわけではないため、複数のサイトに会員登録し、組み合わせて利用している学生が多いようです。

ただ、サイトは各社が提供する情報をもとに掲載されているので、企業にとってマイナスになる話は基本的に書かれていません。

各社が開設するホームページを見る際も、 同様の注意が必要です。

一方で、内定著や就職活動中の学生らの口コミによるサイトもあります。

選考の経験談や企業の評判などの情報を得ることができますが、こちらも、参考程度にしたほうがよいでしょう。

インターネットに頼りすぎず、会社訪問やOB・OG訪問など、自分の足を使った情報収集にも努めてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

筆記試験対策は怠るな! [就職活動]

新卒採用で、筆記試験を行う会社が多いのはなぜでしょうか。

一つは、大量の応募者を面接可能な人数に絞り込むためです。

工ントリーシート の提出と面接の間に実施する例がよく見受けられます。

もう一つは、面接で把握しにくい能力や性格を客観的に評価し、優秀な人材を不用意に落とすのを防ぐためです。

1次と2次の面接の間などに行うのは、これに当たります。

筆記試験の中でも、広く導入されているのが「適性検査」 です。

専門会社が作成したも ので、文章読解、計算などの 基礎能力や、本人の性格を診 断します。パソコンを使って受検するのが一般的です。

「SPI」をはじめ、多くの種類があるので、各検査の特徴をつかんでおきましょう。

一方、時事問題や経済、中 学・高校レベルの知識などを 問う「一般常識テスト」や、 与えられた課題に対し自分の考えを述べる「小論文」など は、各社が独自に問題を作ることが多いようです。

一般常識テストに備えるに は、問題集を解くだけでなく、 新聞などを読み、社会の動きを理解する必要があります。

また、小論文対策として、分 かりやすく、論理的な文章を書く練習を続けると、面接で話す力も上達するでしょう。

スポンサーリンク
バイトの一括検索ならアルバイトEX


主な筆記試験の対策



■適性試験

基礎能力を問う設問は一つ一つは難しくないが、大量に出題されるので短時間で回答できるよ問題集で練習する。

性格診断の設問では回答が矛盾しないように素直に答えることが大切です。

■一般常識テスト

問題集を解くほか、新聞などを読んで、社会や業界の動向理解しておく

■小論文

30分間で800字程度の文章を書く練習を繰り返します。

専門業者による検索サービスを利用する方法もあります。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

業界研究 自分の関心事から [就職活動]

製造、建設、電機、デパート、金融など、モノをつくって売ったり、サービスを提供したりと、世の中には様々な業界があります。

この中から自分の志望する業界を絞っていく必要がありますが、まずは自分の興昧・関心から出発し、それに関係する商品やサービスを考えてみましょう。

もし「旅好き」の人なら、 順空券の購入やホテルの予約で利用している旅行業界が候補になるかもしれません。

「好きこそものの上手なれ」ですが、憧れだけで志望先を決めるのは禁物です。

実際にどんな仕事をしているのか、現状や課題、将来性はどうかなど、冷静にそして客観的に自分で業界研究を進めることが大切です。

一つの方法として、就職情報会社などが作成した「業界研究シート」 を手に入れ、利用するとよいでしょう。

シートに挙げられた項目について、本やインタ ーネットで調べたり、実際に働いているOB・OGから話を聞いたりしてまとめます。

併せて「なぜその業界に興昧を持ったか」「働くことに なったらどんな仕事をしたい か」などを考えると、志望動機の明確化に役立ちます。

どんな関連業界があるか調ベると、あんた自身が知らなかった業界を見つけ、志望先の選択肢を広げることができます。

業界研究を通じ、経済のしくみも員体的に分かるので、ぜひ早いうちから取り組みましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

準備から振り返りまで大切にしよう [就職活動]

企業などで実際の仕事に触 れられる「インターンシップ (就業体験)」。

大学が夏休み の時期は比較的長期のプログラムを実施する企業が多いの で、1、2年生のうちから応募してみるといいでしょう。

募集は企業のホームページ や就職情報サイト、大学のキ ャリアセンターなどを通じて行われます。

正規の授業として実施し、単位取得を認める大学もあります。

インターンシップへの参加 を有意義なものにするためには、事前準備としてインター ンシップ先の企業やその企業 が属する業界について調べておきましょう。

どんな事業を 展開しているかなどを理解していれば、より興味を持って取り組めるはずです。

インターンシップ中は、率先して質問するなど、積極的な姿勢で臨みましょう。

現役 の社員といろいろ話すことで、社会人としての考え方に触れることもできます。

終了後は「振り返り」を忘れずに。

インターンシップに参加して得られた成果は、就職活動の際、自己PRの材料として活用できます。

きちんと文字にして、記録しておくことが大切です。

インターンシップは参加した会社数を競うものではありません。

たった1社にしか参加しなくても、準備から振り返りまできちんと行うことで体験が深まるはずです。

■インターシップ参加で心掛けたい5つ

事前に業界・企業研究を行いましょう
常に積極的な姿勢で臨みましょう
社員と対話し成長の糧としましょう
振り返りを行い文字にしましょう
「量」より「質」を心がけましょう

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動には資格取得がポイントになることもある [就職活動]

就職活動の現場では、数年前なら大学のあり方を重視して、就職活動自体が円滑に行われるかどうかを判断する時代がありました。

しかし、時代が変わり、多くの場合、その当時ほど学歴や大学で雇用が重視されていないと言われています。

ではどのようなポイントを重視しているのか?ということですが、コミュニケーションスキルや協調性などを重視する傾向にあるという事とともに資格を有するかどうかを判断基準とされていると言われています。

資格をどのようにして、採用先で役立たせるのかが、採用のポイントになるとも言われています。

人気が高い就職先も多く、あなたと同じ境遇のライバルに差異を見つけるためには、学歴などではない、人間力とともに、採用される先で役立つ資格があるのかという点が、ますます重要視されています。

たとえば、会計事務所や経理などの仕事をしたいと考えるのであれば、簿記の資格が必須ですが、それに加え経理関係にまつわる、さまざまな資格を持つことでライバルよりさらに有利に活動ができます。


その反面、ライバルたちも就職活動をするにあたっては、資格を取得したうえで活動していることも想定されるので、むしろ資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

資格を取得する上では費用のかかる話でもありますので予算等と相談しながらどのように資格を取得しなければいけないのか、考える必要があります。

しかし資格を取得していればその知識が生涯稼ぎ続けるスキルとなるのである程度、予算は先行投資と考え資格取得を検討しましょう。

スポンサーリンク





トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職活動を始めた時にやってはいけないこと [就職活動]

今回のテーマ転職活動を始めた時に陥りがちな事になります。

あなたの転職活動いかがでしょうか? 

まず転職活動を始めた時にあなたが陥りがちなこと一つずつ出していきたいと思います

まずは「求人にひたすら応募し続ける」どういったことでしょうか?

まず誤解のないようにお伝えしたいのですが、求人サイト見てはいけないわけではありません。

ご自身の可能性を模索するためにも良い方法だと思います。

リクナビネクストやマイナビ転職など求人サイトは転職しようと思った時に最も力になる存在だと思います。

通勤電車テレビCMなどでも思い当たる方は多いのじゃないでしょうか。

ただ興味があったら全部応募するという方もおられます中には仕事をしながら20社30社、驚いた方ですと50社以上応募をされた方もおられました。

そうなると大学時代の就活と大差がありません。

社会人であれば働きながらの転職は非常に大変です。

ちょっと考えていただきたいのですが面接のために企業が土日などの休日をあなたの面接のために空けてくれる事は滅多にありません。

面接のために毎回有給や半休を取ったり不自然な帰社をしたりとできますでしょうか。

転職を思いついたらまずはご自身の市場価値や適正の見直しご自身の価値を次の転職先でどう生かせるかなど方向性を探るのが1番です。

2番目ですこれも多いパターンです。

「とりあえず決まってから考える」これは応募スタンスの話になりますが、先程のお話と関係しております。

とにかくたくさん受けてしまったら考えられるという方もおられます。

繰り返しになりますが仕事をしながらの就活は大変です。

企業からしても決まってから辞退をされてしまうこんなことを繰り返される方が多くて困っているそうです。

せっかく内定を出したのに辞退されるのはとっても心象が悪く次に遺恨を残すこともあります。

特に同一業界などでは思わぬ場面で辞退した企業とつながったりします最悪再度の転職をしようと思った際に以前辞退した企業の再選考などは可能性が非常に少なくなります。

人事担当者の記憶力は非常に高いです。

気をつけましょう。

あなたの行動が皆ではあなたの首を絞めてしまうかもしれません。

最後、やってはいけないことの3つ目
「噂に振り回される」

最近ですと転職会議や2ちゃんねるなどネットの世界では数多くの企業内部情報が口コミされています。

転職を失敗させたくないのは本当に大切なことですが、物事には各個人の解釈の仕方があります。

その方がたまたまそう思ったと言う場合も多いです。

例えばAさんが残業が多くてブラックと言うのもBさんから見たらそれ普通なんじゃないかなぁということもあります。

情報の信憑性と言う面では参考程度にして最後は選考しながらあなたの目から見て判断していただきたいと思ってます。

情報系サイト中には作為的に情報が書かれているものもありますので十分に気をつけてください。

人材紹介会社には外には出ない情報が蓄積されている場合もあります。

ですので人材会社のスタッフと相談しながらご自身の目指すものと環境などをマッチングしてもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | - 就職活動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。