So-net無料ブログ作成
仕事に対しての考え方 ブログトップ

正しい言葉づかいを覚える [仕事に対しての考え方]

会社訪問や面接などでは、 敬語を使って話しましょう。

完璧な言葉づかいを求められ ているわけではありませんが、誤った用い方で相手を不快にさせるのは避けたいもの です。

主語となる相手や第三者を立てる「尊敬語」、主語とな る自がへりくだる「謙譲語」、丁寧な言い方をする「丁寧語」の違いを理解し、基本となる言葉を覚えておきまし ょう。

普段から自分の周りにいる年上の人に積極的に話しかけ、敬語を使う機会を増やすとよいと思います。

また、「わたし的には」「やばい」「ガチ」「マジ」などの学生言葉は、普段使っていると、つい口から出かねませんので気をつけましょう。
「お釣りのほう、お渡しします」 の「ほう」のような「バイト敬語」も避けましょう。
「恐れ入りますが」「差し支えなければ」といった「ク ッション言葉」は、覚えておくと、言いにくい内窓を伝える時に役に立ちます。

それでも、適切な言葉が思いつかず、まごついた際は、 相手に敬意を払おうとする態度を大切にして話しましょう。
多少誤った表現だとして も、相手への気配りが伝わり、 信頼関係を築くことができる と思います。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

遅刻や欠勤の連絡は早めにしましょう! [仕事に対しての考え方]

働く人の常識とマナーとして遅刻や欠勤は信頼を失いかねない重要なことです。

起きたら始業時間!
とにかく1秒でも早く支度を!
連絡はその後!!

ではありませんよね。

朝寝坊、本当に焦りますよね。

一刻も早く職場に着くために、急いで出かける支度を優先…その気持ち、よく理解ができます。

でも「確実に遅刻してしまう」という状況なら、まずは職場に連絡しましょう。

その際、到着予定時刻も伝えることです。

もちろん確実に到着できる時刻を伝えましょう。

通勤電車の遅延が理由で遅刻しそうな場合も同様です。

公共交通機関の遅延の場合には、改札口などで「遅延証明書」を配っているので、忘れずにもらっておくと良いでしょう。

面接などの約束をしている場合も同様のことが言えます。

急な体調不良等で欠勤する場合も、できるだけ早めに連絡を入れて静養するようにしましょう。

また遅刻や欠勤は言いにくいからと同僚などに伝えるのではなく、直属の上司にしっかりと連絡しましょう。

スポンサーリンク





トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

厚生労働省が推奨「社会人基礎力」を蓄えよう [仕事に対しての考え方]

会社などで働き出すと、ど んな能力が求められると思い ますか。

もしあなたがこれから社会人になる方であれば、参考にしてほしいのが「社会人基礎力」です。

経済産業省が、若者が仕事をしていくのに必要とな る基本的な力を育てようと、 提唱したものです。


それだけ、基礎力が低下してきているという危機感かるくる考え方なのかもしれませんが。

基礎という言葉だけで重要であることは理解できるのですが、ではその社会人基礎力とはどのようなものなのでしょう。

社会人基礎力のベースとなる考え方は「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チ ームで働く力」の三つに分類されます。

「前に踏み出す力」には、

・実行力
・進んで取り組む主体性、
・周りに対する働きかけ力

この三つが含まれます。

「考え 抜く力」には

・課題発見力
・計画力
・創造力

この三つ。

最後となる「チームで働く力」は、

・意見を伝える発信力
・相手の意見を聞く傾聴力
・意見の違いを理解する柔軟性

などが含まれます。

学生生活では、これらの力を伸ばすよう意識して行動するといいでしょう。

学業やア ルバイト、サークル活動など で、自ら何に取り組むか、目標を設定します。

目標達成に向けてどのような努力をすればよいかを考え、積極的に周囲の人と関わり合いながら実践していきましょう。

継続するやり方のポイントとして、一段落した時点で、取り組んだ内容をノートに記録し「主体性が発揮できたか」「課題を発見できたか」など、社会人基礎力を参考に振り返ります。

ノートを見れば、自分の成長がたどれるので、就職活動で自己分析したり、工ントリーシートを作成したりする際、大いに役立つでしょう。

最近、ノートへ記載することが疎遠となる傾向にありますが、脳の活性化にもつながり、これらの「考え抜く力」でも手を動かすことでトレーニングにもなります。

ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

インターンシップで仕事に触れる [仕事に対しての考え方]

近年、インターンシップを行う企業が増えています。

イ ンターンシップは学生らに、 企業や官公庁、NP○などの 職場に触れ「仕事とは何か」「社会人になるとはどういうことか」を考えてもらおうということを目的として実施されています。

「就業体験」と呼ばれることもあります。

参加すると、その会社の事業を具体的に理解したり、仕 事に関する自分の適性に気づいたりできます。

残りの学生生活でどんな勉強をしたらよいか、ヒントをつかむこともできるでしよう。

国や経団連は各社に採用とは切り離して実施するよう呼びかけていますが、中には学生と早い段階で接触できる場として利用している会社もあります。

このため、一口に「インターンシップ」と言ってもいろいろです。

会社の説明や 社内見学のみで終わるたった 1日のプ口グラムから、数か月以上かけて現場で実際に仕事が体験できるプログラムまであります。

●参加期間別に見たインターンシップの違い

参加期間:1~2日 
主な内容例:会社説明、社内見学
特徴:企業は自社をPRしつつ、多くの学生と接触。学生も短期間なので参加しやすい

参加期間:1週間~1か月
主な内容例:グループ作業、補助業務などを体験
特徴:学生は実際の職場に触れることなどを通じ、業界・企業への理解が進む

参加期間:数カ月以上
主な内容例:従業員の業務に近い実務も体験
特徴:学生は業界・企業への理解が深まる。製品開発に学生の意見を活かす企業も

一般的には参加期間が長いほど、実務に近い体験を積むことができますが、内容は多岐に及んでいます。学生のみなさんは、インターンシップ への参加を通じて何を得たいのか、目的意識を明確にし、それに合ったプログラムを選ぶように心がけてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

中高年になってからの転職は厳しくなっている [仕事に対しての考え方]

何歳くらいから中高年というかは判断の分かれるところですが、厚生労働省の定義では45歳です。

多少の前後はあるとしても、この年齢からの転職となると条件的にも悪くなる一方で、良くなることはありません。

中高年を対象とする求人があっても、条件はとても厳しいものがほとんどだと言われています。

高齢者社会にともない、以前よりも中高年の就労支援に力が注がれるようになってきています。

働き手が不足して、求人倍率が高くなっている業種も多いですから、それでも中高年が就職しようとすると難しくなっています。

人を雇い入れるに当たって、企業はどちらかというと若い人のほうを優先することが多く、中高年の就職活動は前途多難です。

大抵の企業は、若いうちから働いてもらい、長期にわたって勤めて欲しいと思っています。

中高年の人にとって、厳しい就職状況ではありますが諦める必要はなく、若手には無い経験や技術などを必要としている企業や会社もあります。

中高年になってからの就職活動では、給与や待遇に納得いかないこともあるかもしれませんが、働きやすいところを見つけたいものです。

近年では、中高年のための仕事情報がたくさん掲載されている転職情報サイトもあります。

ネットの就職支援サイトには、常に最新の求人情報が更新されていますので、いつでも条件に合う仕事を探すことが可能です。

納得のいく仕事探しをするためにも、ネットの求人情報などを活用して、中高年でも採用の見込みがありそうな求人を探してみてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性が転職して新しい仕事に就く時には [仕事に対しての考え方]

仕事をする女性が増加してきたことを受けて、女性が転職活動のために求人のチェックをすることも、ありがちになっています。

なぜ転職をしたいと思うようになったのかはその人その人で異なっていますが、新しい業種に挑戦したいとい女性も大勢います。

女性が未経験の仕事へ転職する際にはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

もしも転職活動をするつもりなら、現在の会社をやめずに水面下で就職活動をしましょう。

働きながらの転職活動は時間を調整するのが大変なので、中には退職してから仕事を探す女性がいます。

一旦退職して無職になってから、新しい仕事を探すための活動をしていると、どうしても決断を妥協しがちになります。

思うように仕事が決まらない状態が続くと、求人の内容が希望の条件に満たないところでもOKを出してしまいそうになります。

転職をする時には、生活費が少なくなって判断が鈍ってしまったりする前に余裕のある仕事探しをしてください。

未経験の仕事に就く場合には、いきなり正社員として働き始めるとハードルが高くなります。

これまで経験のない業種で働く機会がなかったので、どんな仕事をすることになるのかを知りたいという人もいます。

そんな時はバイトから始めて、正社員になるという方法もあります。

正社員になる前に、しばらくアルバイトの時期を経験してみることで、会社に対する印象も大きく変わってきます。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

中高年の再就職はこう考えよう [仕事に対しての考え方]

就職というのはどこかに勤め仕事することをいいます。

再就職とは、一度どこかに就職していて、改めて就職し直すことをいいます。

実際には再就職を希望する人は多いのですが。それにみあった求人情報というのが少ないのが現状です。

その典型的な例として中高年の再就職はかなり難航しているといわれています。

今まで経験してきた事を自分のキャリアとしてまた武器として再就職したいと考えている人も中には大勢いると思いますが、実際の中高年の再就職はアピールできる部分が現代とマッチしていなかったりまた採用する側も中高年を扱いにくいという先入観があり、再就職というのは現実的には非常に厳しいものとなっています。

新卒での就職の場合は比較的自分1人の手で見つけることができたのですが、意外と再就職となると自分1人では 、アクションを起こせずにて、結局再就職支援をしてくれる会社などに依頼してサポートしてもらうというケースが多いです。

再就職支援をしてくれる会社などに依頼するならまだ良いのですが、最悪の場合定職に就かず、家で引きこもりになってしまう、そういったケースも現実としてあります。

再就職の場合年齢を重ねれば重ねるほど、難しくなり、よほどのコネやツテがない限りはすんなりと再就職が難しくなっていきます。

結論から言えば、中高年の再就職はやはり再就職を支援してくれるような会社に登録をしてサポートしてもらうのが良策といえます。

特に中高年の再就職となると一般的な転職とは条件等様々な面で決まってきますから、採用する企業と再就職を望む転職者の間に再就職支援を行ってもらえる会社が間に入ることによりスムーズに再就職活動が進みます。

中高年の考える再就職活動と現在の再就職活動には違いがあるのも事実です。

ですので、今の自分に沿って自分の考えなのも変えていかなければいけません。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性が仕事をしやすい環境を整えていくことが必要 [仕事に対しての考え方]

女性の社会進出や就業率が高くなってはいるものの、女性を取り巻く環境は依然に厳しいものがあります。

女性はせっかくキャリアを積んでも、結婚や出産、育児などで仕事を制限しなければいけない時があります。

家事や育児などと仕事を両立させていくのは大変なことです。

昔と比較してみれば、男性も育児や家事を積極的に行うようになっていますが、やはり女性主導で子育てや家事はするものというイメージがあります。

経済活動をより潤いしていくためにも、女性の積極的な活用は必要になっていくことでしょう。

ただし、幸せに生きるためには、仕事よりまず家族と家庭を大事にしなければなりません。

まずは女性が安心して仕事が続けられるような、生活環境を整えていくことが大切です。

そのためにも、家事や育児のケアを十分に受けられるような整備が必要になってきます。

企業のなかには保育園などの設備があるところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。

ただ女性に社会に出て働いて欲しいと求めても、これまでどおりに家事もして、育児もして、更に仕事もしてということでは、できる女性はわずかです。

多くの女性はやることが多すぎる中、何とか時間を工面して、工夫しながら仕事をしています。

働きながら家のことをする女性が過重労働で潰れてしまわないように、社会は支援を続けることが必要です。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

時代とともに変化した女性の仕事への意識 [仕事に対しての考え方]

格差社会が進み、仕事のスタイルも多様化している近年では、女性の働く場所の多様化が一層進んでいます。

かつては、女性は学校教育が終わった時に就職をしても、数年後には専業主婦になるものでした。

バブル経済が崩壊して就職氷河期が続いていた頃は、女性はやりたい仕事ができないで、働けるところで働いていました。

その価値観の根底にあるものは、結婚したら仕事をやめて専業主婦としての日々を送るというものでした。

最近では、経済情勢の低迷が関わっていることもあり、正社員で働く人の割合が減少しています。

この先の日本の景気が楽観視できない中で、非正規雇用で日々の生計を立てている人が珍しくありません。

景気が悪く、会社の経営も危うい状態が続くと、会社の都合で非正規雇用の人は簡単に契約を打ち切られてしまいます。

専業主婦になる女性が減ってきている背景には、男性が安定して仕事をしていられない現状があります。

男性の仕事と収入が不安定な以上は、女性も仕事をすることが社会的に求められています。

日本国内ではこの先働き手が減り続けることが予想されており、人口減少には歯止めがかかる余地がありません。

どの企業も、女性にとって仕事がしやすい環境をつくろうと、産休制度や、育休制度などを充実させようとしています。

社会情勢の変化と共に、女性が働くことへの価値観も変わってきており、働きやすい環境ができつつあります。

スポンサーリンク




タグ:仕事 女性 意識
トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

子育て中の主婦でも仕事ができる人 [仕事に対しての考え方]

育児真っ最中の主婦の中には、時間がつくれないから仕事をすることができないと思っている人がいます。

主婦であることは、仕事をする上でマイナスなことばかりではありません。

仕事をしようかどうかと迷っている主婦の多くは、子育てと仕事を両立できるかどうか不安に思っています。

仕事をしている時に、子供の突発的なトラブルで呼び出される可能性はあります。

とはいえ、最近では主婦業と仕事との両立がしやすいように、様々な面でサポートをしているような企業もあります。
小さな子供がいることが理由で、求人応募をしても採用してもらえないということばかりではありません。

企業としては、子育て中か、主婦なのかという一点だけで、その人を評価するわけではありません。

会社の指示に従い、決められた時間に決められたことをこなすことが出来るかどうかが重要なのです。

子供の体調不良で会社を休むことがあるかも知れませんが、日頃から仕事に対して真面目に取り組んでいれば、会社も認めてくれるでしょう。

周囲の理解や協力あってのことですから、職場内の理解は当然のことという態度をとることは、失敗のもとです。

子育てのしやすい職場環境を目指す会社もありますが、まずは主婦本人が、回りの理解を得るよう努力することです。

不可能だと決めつけるのではなく、どんな仕組みを利用し、どんな働き方をすれば主婦と仕事ができるかをよく考えることです。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
仕事に対しての考え方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。