So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

派遣社員と正社員では仕事内容に違いがあるのか [派遣]

派遣社員の仕事能力は、正社員よりも劣っていると思われていた時もあります。

一昔前までは、派遣社員というのは正社員よりも仕事の能力は劣るものであり、正社員になれなかった人材という視点での位置づけでした。

慢性的な働き手不足により、派遣社員の重要性が上がっていることが、近年では認識されています。仕事をする側も、拘束や制限の多い正社員になるより、

自分の生活を大事にしながら派遣社員として働くことで自分らしい生き方を求める人が増えています。

派遣切りが話題になり、不安定な社会的な地位がハイリスクと見なされていたこともありましたが、近年ではまた違う考え方もできています。

最近では、派遣社員として働きながら、仕事内容は正社員と遜色がなく、会社にとって重要な存在になっているような人もいます。

正社員よりも派遣社員に仕事を任せることは、企業側にとってメリットが高く、どんどん派遣社員を採用するようになってきました。

以前とは異なり、もう派遣社員は立派な即戦力であり、正社員よりも人数が多く在籍している会社もあります。

家事や育児と、仕事をするために、派遣社員として働いている女性も少なくありません。

自分らしく生きるために最も適した働き方を探したところ、派遣社員に行き着いたという女性もいます。

働きたいという意欲があり、家族のためにも時間を使いたいという女性にとっては、派遣社員として働くという選択肢はとても合理的です。

働く立場からも、企業のスタンスからも、派遣社員の活躍の幅を広げていくという取組は、歓迎したいことになっています。

スターバックスのバイト面接を徹底攻略


共通テーマ:求人・転職

転職のための資格の取り方 [資格]

転職をする際には、新卒での就職と違い、他の人と差別化を図ることが大切であったり、何か特徴やメリットがなければ、スムーズに転職をするのは難しいと言われています。

そこで転職であなただけのカラーを見せるのに必要となってくるのが「資格」です。

転職の際には、色々と役立つ資格を持っていることで、転職率を上げることにつながります。

今まで経験してきた業界と全く別の業界に転職を希望するという場合には特に、キャリアや経験がありませんから、実践でどれだけ即戦力となるのかを計るうえでも資格が有利になります。

希望する仕事に貢献できるような視覚を取得することで転職がよりスムーズに進むということになります。

現在就業をし今後、転職を検討している、また現在仕事をしておらず、これから求職したいと思っている人は特に、役立つ資格の取得はかなり転職に有利になりますので、ぜひ取得することをお勧めします。

資格には様々なものがあり、どの業界に進み、どれが転職に有利な資格になるのかということも違ってきます。

まずは自分が転職したいと思っている転職先の業界で役立つ資格というのはどんな資格なのか、それをリサーチしてみましょう。

それを見つけて資格取得をした上で、転職活動を行うと、よりスムーズに採用への近道になる可能性が高まります。

転職で、先方のポイントが高いのは経験やキャリアなどは言うまでもありませんが、資格を持っているだけで、転職しやすい状況にもっていくことができますから、そのことをよく頭に入れた上で、転職活動を行うと全く内容が違ってきます。

まずはあなたにとって転職したい企業で何が不足しているのかリサーチし、それを踏まえたうえで補うべきスキル、役立つ資格は何なのか調べることから始めましょう。

スポンサーリンク




タグ:転職 資格

共通テーマ:求人・転職

派遣社員として仕事することのメリット [派遣]

かつては、派遣社員というと、あまりいい印象を抱かれていませんでした。

世間一般的な価値観どおり、派遣社員はネガティブなものなのでしょうか。

派遣社員として働くことの、利点は一体何があるでしょう。

派遣社員になる利点は、派遣会社に登録することで仕事の斡旋を受けられるので、すぐに働けることです。

この頃は、会社の戦力となる優秀な人材を求めて、派遣社員を雇用する企業も増えています。

規模の大きな派遣会社は、数多くある仕事の中から、適正に合うものを斡旋してくれます。

派遣社員として働くことで、独力で仕事を探すよりも効率的に、自分の能力適性に合致した仕事と出会えたりします。

派遣社員として働くことで、労働時間帯や曜日の融通がききます。

派遣社員は、あくまで派遣会社に登録しているスタッフなので、無理な求人出勤やサービス残業はしないで済みます。

労働時間に関する希望を出すこともできますので、私生活と、仕事の両立をはかることができます。

いくつもの仕事に従事してみたいという人は、期間限定で仕事ができる派遣業は非常に都合がいいものだといえます。

ゆくゆくは自営で仕事をしたいという人や、起業を考えて、派遣で働いているような人もいます。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

女性に多い派遣で仕事をしている人 [派遣]

ニーズが益々高まっている派遣での仕事は、男性よりも女性に人気があります。

女性は、人生の中で結婚や出産、子育てに労力と時間を注ぎたいという人が少なくないため、派遣の仕事に従事して時間の融通をきかせたいと考える傾向があります。

基本的に派遣の仕事は、時給制になっていますが、正社員の採用よりは条件が厳しくないので、自分の働きたい時間や休日などの条件を提示することができます。

育児や家事をしている女性は、環境の変化に応じた臨機応変な働き方を望む傾向があるため、契約期間が半年程度という派遣社員は好都合です。

長時間の時間外労働や、急な休日出勤に悩まされることがないことも、派遣で働くことのメリットです。

まずは派遣会社に自分のプロフィールや希望の勤務先を登録し、仕事をあっせんしてもらう形になります。

登録しておけば、派遣会社のコーディネーターが、自分の希望する条件にマッチングする仕事を探してくれます。

自分の能力や希望に見合った仕事を選ぶためには、派遣会社の見立てを頼ったほうがいいことがあります。

女性の派遣の仕事で高収入を期待できる人気のものは、看護師や薬剤師などの医療系の職種です。

今後ますます高齢化社会が進んでいく中、医療分野の人材はいくらいても足りないという情勢になっており、需要は高まっています。

女性が派遣社員として働く時には、事務職のニーズも高いようです。

ただし、事務仕事を希望する女性は多いことも特徴の一つです。

派遣の仕事をしながら、実地で学びながら技術や専門性を高めていき、正社員として仕事をするようになる人もいます。

スポンサーリンク




タグ:仕事 派遣 女性

共通テーマ:求人・転職

転職活動時において自己PRの練習をするには [面接]

録音しながら自己PRのトレーニングをすることで、就職採用試験の準備ができます。

転職活動がなかなかうまくいかない人に、ぜひ練習してほしい内容です。

面接の場面でどういう話し方をするかも含めて、自己PRの準備をしておくこと、本番もスムーズです。

録音をして、自分自身の声を改めて聞いてみるという人は多くはないようです。

話をしている自分自身を客観的に見る機会は少ないので、録音をして話し方を聞くと、改善点を見出しやすくなります。

言葉を発している最中に聞こえる自分の声は、実際の声とは少し違います。

自分のしゃべり方に何らかの要因があって、面接の評価が低くなることがあります。

もし地声が低くて話し方が暗い人でも、自分の声の改善ポイントを押さえて練習すれば大丈夫です。最後まで、焦りすぎずに話せるようにすることが重要です。

声のボリュームを整えながら、一定のペースで話せるようにすることで、真摯な態度を示すことができます。

自分の中ではゆっくりだと感じるくらいのスピードで話をすることで、聞きとりやすい話し口調になれます。

自己PRをしている自分自身の声を録音し確認することで、より効果的に面接準備ができます。

スタバ バイト 面接

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

自己PRは応募する会社によって変えることが必要 [履歴書]

転職したい会社のことをよく調べた上で、自己PRを作成することが重要です。

転職する時に作成する履歴書や職務経歴書には、必ず自己PRの欄があります。自己PRをどう答えるかは、面接試験の突破にもかかわります。

採用の可否を決める判断材料になるので、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

効果的な自己PRができれば、企業側も高く評価をしてくれて、この人を採用したいと思うようになるでしょう。

自己PRといっても、応募する会社とあまり関連のないことをアピールしたのでは、採用する側に興味を持ってもらうことはできません。

その会社が特に求めていない資格を持っていた場合、自己PRで資格取得者であることを主張しても無意味です。

例えば、未経験の新しい業種に転職しようという時には、これまでの経験から応募する会社が求めるスキルや人物像に当てはまる部分をピックアップする作業が必要になります。

どういう人物を採用したくて求人を出している会社なのかを読み取ることが、自己PRを決める際の鍵を握ります。

これまで経験した業界と同じ分野に転職しようという場合には、今までのキャリアを活かしたアピールをすることが大切になります。

まだ若いうちの転職活動は、十分な実績や経験を持っていないかもしれませんが、今後頑張る意欲を具体的に伝えることで自己PRにすることができます。

何度も自己PRの内容について深く掘り下げることで、きっと転職に成功して、希望する会社で働くことができるでしょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書の書き方の基本 [履歴書]

●履歴書を書くときに、鉛筆は論外

履歴書を書くときの筆記用具は、鉛筆はNGです。

最近ではフリクションボール(いわゆる水性のボールペン)なども利用される方がいますが、こちらもNGです。

一般的には黒のボールペン、できれば、黒の万年筆がオススメです。

そのほうが上品に見えるうえ、書き損じが 許されないので、それだけ手間と注意ほ払ってその履歴書を書いたのかが伝 わってくるからです。

履歴書全体の印象もよくなりますしね。


●履歴書は楷書で丁寧に書く

当たり前ですが、文字は丁寧に書くほうが印象がいいですよね。

丸文字や、クセ字に注意して、たとえヘタクソでも、
一生懸命丁寧に書いたんだ、ってことが伝わればOKです。

人の気持ちは、文字に現れると言いますし、履歴書だったら、それは履歴書の内容意外で勝負できる部分ですね。

●履歴書の文体は丁寧語で

履歴書の文章の最後の部分は「ます。」「です。」で終わるような丁寧な書き方がベストです。

そうかといって、「~そうろう。」とか、
「~ 申し上げまする。」これは極端な例ですが、謙譲語や尊敬語は避けたほうがいいでし ょう。

読んだ人が違和感を感じない履歴書を目指しましょう。


●年月日は、「昭和」や「平成」で統一

履歴書では、西暦ではなく、
「昭和」や「平成」といった日本の年号を使うのが一般的です。

こればかりは、習慣なので従うようにしてください。

外資系では異なる場合がありますが、国内の会社に入ったら、履歴書と同様にこういう年号の形式で書類を作成することが多いです。


●修正液(修正テープ)は使わない

履歴書で修正液を使うのはNGです。

履歴書は会社に提出する正式な書類です。

入社後もずっと残りますし、昇給の査定の際にも参考にされたりすることもあります。

また、応募の多い企業では、修正液があるだけで履歴書を読まずに落とすところもあるそうです。


●履歴書では空欄を残さない

履歴書の項目を全部書くのゼッタイです。

「面倒」、「書いたら不利」これらの理由は人間性はもとより相手にバレています。

印象が悪いのはもちろん、真剣さが足りないと思われたり、軽率だと思われたりします。

社会人として欠落しているとも捉えられかねません。

仮に面接まで行ったとしても、空欄の部分は必ず質問されます。もし、それを想定して回答を用意するのであれば、書いたほうが楽です。

履歴書の空欄はゼッタイやめましょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書 自己PR 書き方とチョットしたコツ [履歴書]

履歴書の自己PRに限らず、よく面接でもある話しとして、自己PRと自画自賛を取り違えている方が散見されます。

面接での自己PRと自画自賛については、特に話し言葉では相手が見えますから、より一層この違いが解りますが、こと履歴書においても大体は自己PRなのか自画自賛なのかは読みとれます。

つまり自分が自分自身を褒める書き方があります、例えば「私の努力で○○事が解決するようなことがありました」と言った書き方があったとすれば、事実なのか?、裏付けは?となりますが、こと第三者からのお褒めの言葉をいただいたような文書「○○賞を平成○○年に受賞」とか「あの○○さんからお褒めの言葉を頂戴した」ような、第三者からの言葉を文書化してください、自画自賛と思われる文書ほど読みたくないし、聞きたくもないものです。


また、履歴書書き方のコツとしては、形容詞をさけ、具体的な表現に徹するべきです。

たとえば、「前社においては営業中心にした仕事が多く」・・・等ではなく、「○○会社では関東特に千葉方面に隣接する、住宅地での○○のマーケットをつぶさに調べることにより、従来の売上げを2倍近く達成することができました、これも発想の転換がうまくいった例です」。

このようにに業界が違っていても具体性と実績などを数値化、定量的に記載することは、どの業界でも考え方は一緒ですから、しっかりとした履歴書PR例文を作成するよう心がけましょう。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

履歴書自己PR 例文を書くポイント [履歴書]


自己履歴を書く前に、昔から言われている格言がありますが『敵と戦うには、敵を知り、そして己の技量をするべし』とあります。

この場合の『敵』とは言わずとも就職先になります。

ということは、敵を知らず無謀な攻撃を仕掛けたとしても勝てることは出来ない、となれば、その会社をとことんとまでは言えなくとも徹底的に調べる。

そして知識としてはその企業ならびに業界の良いところと悪いところを知識として詰め込む。

もちろんこれは、就職先の企業とあなたの過去の経歴に接点があるかどうかです。

つまり、これこれの技術を習得しており、御社に貢献できるでしょう。

または、技術面だけではなく、マーケット論やスピーチ面での特技といったふうにその会社との接点を必ず見つけることが大事です。

リサーチの手だてとしては、このようなネットでの検索、また近くや友人がいれば聞いてみる、こと業界となればどんなふうにしても探し出せるでしょうから、きっちり調べ上げてください。

その業界と違う理解不能な自己PRをしてひんしゅくを買うことは避けたいものです。

また重要なことは知識と実績はこの場合比例しませんので、履歴書の書き方はあくまでもその分野に強い関心を持っている、すでに経験した、実績がある、そういった新しい分野を自分なりに開拓したい、そういった前向きの姿勢が企業側で求めていますので、自分の過去の実績と経験がどれほど、今度の会社に役立つかをしっかり書いてみてください。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職

履歴書自己PRの書き方の基本 [履歴書]

履歴書における、自己PRは現在においては、こと企業はかなりの重要性をもってきました。

つまり、エントリーシートでの志望動機も含め、つまり作文をする力、この語学力をしっかり見ている会社が多くなっている傾向が強くなったということです。

まだ見ぬ就職を希望する企業が、すでに面接をおこなっていると考えてください。

この履歴書における自己PRが上手下手の書き方で、かなりの差がでてすでにその時点で、採用、不採用が確定されるといっても過言ではありません。

この履歴書における自己PRを上手、または下手な書き方と言いましたが、決して美文や美しい文書の書き方ということではなく、あなたの文書力を言っているのではありません。

履歴書の自己PRとはあくまでも今まであった素直な事実を書き込めばそれでいいのです。

企業側がそれに対して、当社に必用な経歴かどうか、この経歴や履歴の内容が本当であれば話を聞いて見たい、というふうな文面にしなければいけません。

もし本当のことを書いていないのであれば、面接や、それ以降の職場内で帳尻が合わなくなることも出てきますので、しっかりと本当のことを記載するようにしましょう。

スポンサーリンク





共通テーマ:求人・転職
前の10件 | -