So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

転職するならコンサルを上手に活用しよう [就職活動]

スムーズに転職活動を行うための手段として、キャリアコンサルタントの活用があります。

転職を考えている人の中でコンサルタントにサポートをお願いしようか迷っているという人もいるのではないかと思います。

転職先を探す際に、ハローワークで求人を探したり、ネットで求人を探す方法がありますが、スムースに進まない場合もあります。

独力で仕事探しをしているけれど、一向に納得のいく求人を探し出すことができないという人は、キャリアコンサルタントに話を聞くといいでしょう。

転職先を決め次第、今の仕事をやめて新しい職場に行きたいと考えている人なら、キャリアコンサルティングの支援があると仕事が探しやすくなります。

コンサルタントを利用すると転職に有利となるように、これまでの経歴を整理して、自分の強みなどを確認することができます。

履歴書や職務経歴書の作成のポイントや、自分の経歴を客観的に見直して自己アピールポイントを探す作業も助言が受けられます。

コンサルタントは沢山の人材をサポートしてきているプロなので、自分では気がつかない点を指摘してくれます。

面接時に質問されやすい内容なども把握しているので、面接前もしっかりレクチャーしてもらうことができ安心です。

人材支援会社には非公開求人がある場合もありますので、条件が合えばよりよい求人を紹介してもらえます。

情報がオープンになっていない求人情報についても、コンサルタントに教えてもらえたりもします。

給与交渉もコンサルタントを通じて可能な場合もあるので、転職するならコンサルタントにサポートをお願いしましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職活動時にコンサルを活用する方法 [仕事の探し方]

最近は転職が一般的になって、将来のためにも転職をしたいと思っている人が多くなっています。

転職に関する情報の収集や転職に必要な準備をすべて自分で行うには、時間や手間がかかるだけでなく、満足な結果を得られない場合もあります。

自分の望む転職を効率よく行いたいのであれば、転職を支援してくれるコンサルに頼る方法がおすすめです。

自分1人で物事を見極めようとすると、どうしても偏ったものの見方になりますし、正しい見立てができているとは言い切れません。

無事に採用が決まり、仕事をしてみたら期待していた仕事のやり方ではなかったり、不満点が見つかったりもします。

雇用されてからでないとわからない話を、事前にキャッチしたいと思っても、うまくいきません。

事前に、応募したい会社について就職支援会社で聞いてみることで、独力ではわからない情報が得られます。

直接応募する時には不可能なことでも、事前に確認することが出来るので、より自分の理想である会社に転職できる可能性が高まります。

転職の条件を事前に伝えておくことで、適した仕事が見つかれば、コンサルの方から紹介してくれるのもメリットです。

ここ数ヶ月で就職活動を始めた人よりも、この道何年という就職支援のベテランが集めたデータのほうが役立つ場合もあります。

事前に集めた情報の精度がどれだけ高くても、やはり見落としや目算違いというものは生じますので、独力で就職活動を最後までやることは難しいものです。

満足度の高い就職活動を行うためにも、自分でやることにこだわるよりも、状況に応じてプロの手を借りるようにすることは、いい方法といえるでしょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職ナビの就活活用術 [仕事の探し方]

就職ナビといえば、リクルートの就職ナビが一番有名ですが、それ以外にも日経の就職ナビなども有名です。

実は「就職ナビ」と名前を持つさまざまなサイトがあります。

リクルートの就職ナビはリクナビと言われているし、マイナビと言えば、あなたに合致する就職先を探すことができるサイトして定評を受けています。

求人活動に役立つ情報がいろいろな形で掲載されているのでお勧めします。

これからあなたが仕事を探す立場であるのなら、異業種などにいく場合なども含めさまざまな雇用に関する情報を収集する必要があります。

採用情報や企業のホームページなどをインターネットサイトを情報の収集源とし、無料のサポート情報なども掲載されることもあるので、やはり就職活動でのネットの利用はもはや必須とも言えます。


就職ナビを使うことで、あなたにあなたにとって有利な点などを吸収することもでき、またあなたのデメリットなどもあなた自身が理解できるようになれます。

基本的に就職ナビは無料会員登録で利用することができます。

就職が決まってもお支払いする必要がありません。

利用者側の立場では費用面でのリスクは無いので敷居も高くなく気軽に相談できるので、不安が多い就職活動のパートナー的役割を果たしてくれます。

面接スキルの書き方や就職ナビの動機づけの書かれた履歴書など、重要となる一つ一つのアクションに対してさまざまな専門分野を教えるサイトなどもあるので、サイトを見るとたくさんのことを学ぶと思います。

モバイル版にも対応しているので、電車などでの移動時などにも確認することができます。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職率と就職内定率でリサーチ [仕事の探し方]

「就職率」と言われあなたはどのようなことを想像しますか?

今まさに就職活動している人たちは「就職率」と言う言葉に敏感に反応してしまうのではないでしょうか。

まずその就職率の導き方についてご紹介します。
就職率は就職が決まった人の数を卒業した人の数で割るのが就職率の導き方です。

就職率=就職が決まった人÷卒業した人

これは大学や専門学校などは発表するのが一般的です。

高校卒業する生徒たちに対し大学や専門学校を選ぶ際の1つの目安として確認されることが多い指標の1つです。

また就職率と同じように使われる言葉として「就職内定率」という言葉もよく使われます。

就職内定率と言うのは就職をしたいと思っている人のうちどれだけの人が実際に内定をもらうことができたのかということを就職内定率といいます。

就職内定率=実際に内定をもらうことができた人 ÷就職をしたいと思っている人

大学のパンフレットには就職率、就職内定率ともに100%とうたう大学もあります。

これは就職希望者はすべて内定をもらって就職したことになります。

つまりこの指標をもとに大学を選べば先輩たちが希望する就職先にしっかり就職できているということになるので、大学としても宣伝効果を含めうたうのはこのためです。

就職活動は景気に大きく左右されますが、こういった指標をうまく利用し希望の就職先に就職できるよう、リサーチしていきましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

中高年になってからの転職は厳しくなっている [仕事に対しての考え方]

何歳くらいから中高年というかは判断の分かれるところですが、厚生労働省の定義では45歳です。

多少の前後はあるとしても、この年齢からの転職となると条件的にも悪くなる一方で、良くなることはありません。

中高年を対象とする求人があっても、条件はとても厳しいものがほとんどだと言われています。

高齢者社会にともない、以前よりも中高年の就労支援に力が注がれるようになってきています。

働き手が不足して、求人倍率が高くなっている業種も多いですから、それでも中高年が就職しようとすると難しくなっています。

人を雇い入れるに当たって、企業はどちらかというと若い人のほうを優先することが多く、中高年の就職活動は前途多難です。

大抵の企業は、若いうちから働いてもらい、長期にわたって勤めて欲しいと思っています。

中高年の人にとって、厳しい就職状況ではありますが諦める必要はなく、若手には無い経験や技術などを必要としている企業や会社もあります。

中高年になってからの就職活動では、給与や待遇に納得いかないこともあるかもしれませんが、働きやすいところを見つけたいものです。

近年では、中高年のための仕事情報がたくさん掲載されている転職情報サイトもあります。

ネットの就職支援サイトには、常に最新の求人情報が更新されていますので、いつでも条件に合う仕事を探すことが可能です。

納得のいく仕事探しをするためにも、ネットの求人情報などを活用して、中高年でも採用の見込みがありそうな求人を探してみてください。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職先を選ぶときの考え方 [就職活動]

就職先を選ぶというのは、就職活動の中で最も重要であり大切です。

あなたは就職先を選ぶときどのような方法で就職先を選びますか?

基準となる選び方は人それぞれですが、

一例を挙げると、今までやってみたかったと潜在的に思っていたにも関わらずその仕事に着けなかった場合は、その仕事を基準として就職先を選ぶと言う方法があります。

また自分の性格、得意とする趣味やメリットデメリットなど内面を自分で俯瞰しながら、あなたに見合ったような仕事を探すと言う方法もあります。

様々な仕事の探し方がありますが、一例を挙げたように就職活動に重要な選び方とは、まず自己分析が重要だと言うことを押さえておきましょう。

己を知り自分に合う職業などを探す。

やってはいけないのは、「なんとなく」です。

「なんとなくよかった」「誘われたのでなんとなく」

もちろん人とのご縁を大切にするのは悪いことではありませんが、職種については、あなた自身の適性を知りその上で就職を検討したほうが得策と言えるでしょう。

「仕事が合わなかった」

これは退職理由でも多く挙げられる理由の1つです。

あなた自身が長くお付き合いする仕事であり会社となります。

充分に慎重になると言う事は消してだめではありません。

腰を据えてじっくり就職活動に励みましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

みんなの就職活動日記の使い方 [仕事の探し方]



「みんなの就職活動日記」というサイトをご存知でしょうか?

「みんなの就職活動日記」は就職活動を行っている人の情報交換の場として利用される掲示板サイトです。

実際の就職活動者が使いやすい利点としては匿名で書き込みができると言うことです。

そのため就職活動について様々な意見を本音で書かれているので、参考となる意見も様々あります。

もちろんその情報についての信憑性なども、掲示板と言うことなので企業のオフィシャルでない情報も含まれていると言うこともあります。

ですので、よく比較として名前が挙がるのが「2ちゃんねる」です。

真面目に就職活動に取り組む人たちが集まって情報交換を行うのが「みんなの就職活動日記」に対して、程度の低い質問や信憑性の低い書き込みなどが行われていると言うのが「2ちゃんねる」と言うのは比較する部分であったのですが最近では「みんなの就職活動日記」も2ちゃんねる化している傾向にあります。

どちらにも言えることとして、情報収集の際はすべてのことを真に受けず利用すると言った方法が正しい使い方です。

そしてもう一つの使い方があります。

それは「みんなの就職活動日記」「2ちゃんねる」はその企業の人事が読んでいる可能性があるということです。

つまりこのようなサイトの情報をうまく利用しようとして面接などで話をしても、人事の人がすべてお見通し、などと言うことも想定はされます。

ですのでもう一つの使い方としては、あえてその情報を利用しないと言うことです。

掲示板や2ちゃんねるなどに掲載されている情報をあえて利用しないことで多少なりとも面接のイニシアチブは取れるのではないでしょうか。

逆の利用方法として考えるのも1つの方法です。

就職活動いわば自分との戦いです。

ネットの情報をうまく自分で利用して、就職活動に取り組みましょう。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性が活躍できる職場や仕事を見つけるには [就職活動]

女性が仕事を探す時は、高齢になるほどパートなどの非正規雇用求人の割合が高くなりがちです。

女性の求人を出しているところは時給制で、かつ長期的な雇用ではなく契約更新型であるところが多いようです。

女性の場合、子育てを終わらせた段階で社会に復帰したいと思っても、正社員として働くことは難しくなります。

できれば正社員として仕事をしたいと思っていても、仕事を見つけること自体か困難になることがあります。

現状を嘆くよりも、子育てなどで仕事ができない期間を有効に活用し、将来に活かすようにすることも効果的です。

子育てが終わった際にスムーズに仕事に戻れるように、資格をとっておくというのも名案です。

年配の女性でも、スキルや資格を持っていれば、採用可能性が高いものもあります。

結婚前に行っていた仕事を、一段高い技術で使える状態になって、再就職を遂げた人もいます。

何年もの間仕事をしていない期間が続いていると、改めて就職したいと思っても、採用先が決まらないという場合もあります。

求人の条件を多く満たせる状態にすることで、仕事を探したいという段階に来た時に、滞りなく求人確認ができます。

女性に適正がある仕事も現代社会にはたくさんあり、子育てと家事をしつつ、仕事も立派にやり遂げている女性もいます。

女性を正社員として雇用し、活躍の場を広げていきたいという会社もあり、いい求人を探し出したい人は多いようです。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性が働きやすい仕事の求人情報を探す方法 [就職活動]

女性にとっていい職場環境であるかを識別できる求人の見方はないでしょうか。

女性の活躍が目立つようになった一方で、どのように自分に合う求人を探すのかは大きな課題になっていると言われています。

たとえ簡単に就職できたとしても、女性が元気よく活躍できる職場環境なのかとか、働きやすい職場なのかは別問題だからです。

出産して子供を育てつつ、社会人としても仕事を続けたいと考えている女性は、珍しくありません。

企業の中には、女性が子育てをしながら並行して働けるような仕組み作りをしているところもあります。

女性が働くことのできる求人は数多くあったとしても、その中からどのようにマッチした求人を探せば良いのか難しくなっています。

子育てをしながら仕事もできる職場を求めて、それに見合った求人を見つけたつもりだったのに、いざ仕事をしてみたら、期待していたことと違っていることもあります。

現実とのギャップを極力避ける為には、ある程度のリサーチも重要になります。

求人を検索する媒体を複数にすることも有効な手段であり、女性に適した仕事を多く取り扱っている求人情報サイトもあります。

この頃は、人材斡旋会社が就職活動のサポート業務も行っていますので、アドバイスを積極的に受けるももいい方法です。

人材斡旋会社に相談をしたり、自分の希望に合う求人はないか探してもらうというやり方もあります。

大切なのは多くの情報をどのようにして得るのかということで、女性の求人を紹介している専門的なサービスを利用する方法もあります。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

求人情報を利用して探す女性の仕事 [就職活動]

今の仕事を退職して、より女性が働きやすい仕事につくため、求人情報に目を通している人もいます。

女性でも働きやすい会社とか、女性の採用を積極的にしている会社など、知りたい情報を入手することができます。

各年代の求人を見ていると、女性を雇用することで企業が何を目的にしているかの推移が見えます。

かつては、女性は結婚するまでの数年間だけ働く人という印象でしたが、今ではそうでもありません。

男性同様、女性も企業に必要な戦力として求められるようになりました。

会社側も、女性が結婚、子育て、家事などをしながら、仕事を続けられるように、配慮やサポートをすることが当然になっています。

子育てや、家のことをした上で、家族の理解とサポートを得ながら、会社でも十分な戦力としてあてにされたいという女性も増加しています。

企業側もそのやる気に期待した求人情報を提示するケースも増えつつあるようです。

女性にも会社の重要なポストを任せて、結婚や妊娠を経験しながらも、会社の一員として仕事を続けて欲しいという会社も存在します。

近年では、ネットを利用した就職活動も盛んに行われるようになって、女性求人を中心にした就職支援サイトも増加傾向にあります。

今、自分自身の置かれている環境を見直した上で、今後どのように仕事を続けていくかを考えてみることも大事なことです。

この頃は、数多くの企業が女性の活躍の場をつくるために、意識改革や制度改革に取り組んでいます。

スポンサーリンク




トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | -